緑内障について

緑内障の治療

慢性緑内障

眼圧を下げることを目的として治療をします。

点眼
新しい点眼薬がいろいろと出てきたため、現在は点眼が治療の中心です。
軽いときは1種類、重症になると3種類ぐらい点眼します。

内服
点眼で眼圧が下がりきらない場合、一時的に内服することがあります。
副作用があるため、何年も内服することはありません。

レーザー(隅角光凝固)
眼内の水の出口を広げるためにレーザーを行うことがありますが、効果がそれほど長く続かないため、最近はそれほど多くは行われていません。
当院でも現在は行っていません。

手術
点眼で眼圧が下がりきらない場合、手術を行います。眼内の水を眼外に導き出す手術です。
器具を留置する場合もあります。入院が必要なため近くの病院を紹介しています。

緑内障器具緑内障器具

緑内障手術後緑内障手術後

急性緑内障

緑内障発作を予防するための治療になります。

点眼
瞳孔を縮める点眼を行います。
白内障があると暗く見えて不便になることがあるため、下記のレーザーや手術をお勧めします。

レーザー(虹彩光凝固術)
虹彩に小さな穴を開け、眼内の水の流れのバイパスを作り、発作を予防します。
かなり有効な方法ですが、有効でない場合もあります。
発作が起こった場合もレーザーで治療します。

手術
白内障が進んでくると、虹彩を後ろから圧迫するため緑内障発作が起こりやすくなります。
白内障手術を行えば急性発作の心配はなくなります。
現在は白内障手術はかなり安全になったため、当院でもレーザーよりお勧めすることが多くなってきています。

レーザーで急性緑内障の予防をしましたレーザーで急性緑内障の予防をしました