加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

網膜後方の血管から浸出液が漏れ出し、出血も起こって、視力が下がってくる病気です。

年齢とともに発症率が高くなります。加齢・煙草が原因の一つです。
長寿社会になってきたため、加齢黄斑変性に罹患する人も増加し、現在脚光を浴びている疾患の一つです。

治療は

  • 内服
  • 光線力学療法
  • 眼内へ抗新生血管増殖因子の注射

よく治る方、ほとんど効果のない方、進行が遅くなる方等、効果は個人差があります。
現在は、眼内注射が多くなっています。当院でも行っていますのでご相談ください。

治療:内服・レーザー・眼内注射  当院でも行っています。

加齢黄斑変性の見え方加齢黄斑変性の見え方

準備中準備中

準備中準備中